MENU

弁護士なら債務整理は可能ですが、中

弁護士なら債務整理は可能ですが、中には引き受けることができないといって帰されることがあります。これまで債務整理を手がけたことがない司法書士や弁護士なら断る可能性はありますし、自己破産で資産の隠匿を相談したり、借金の発端がもとで免責決定が得られそうにないときなどが考えられます。経験や専門を理由に断られた際は、債務整理で実績を上げている弁護士事務所などにあたることをお勧めします。
近頃はネットにも情報が多く、24時間いつでも探せますし、費用などの目安もわかります。

 

債務整理をしたい場合、弁護士と相談しなければならない事項がたくさんあります。
弁護士を選ぶ方法としては、話し合いをしやすい弁護士を選ぶ必要があるでしょう。

 

相談会といったところで話をしやすい弁護士を選んでもよいですし、他の人の口コミなどを聞いて参考にしてみるのもいいですね。掛け捨てなら関係ないのですが、返戻金がある生命保険だと、もし債務整理をするなら、その方法や返戻金の金額次第では、解約を求められます。

 

 

具体的にいうと自己破産の場合は、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。

 

一方、個人再生の際は、自己破産のように解約を迫られることはないのですが、裁判所には解約返戻金は財産として申告しなければいけないため、その額次第で返済額が増えるという事態も想定されます。
そして任意整理ですが、この場合は解約の必要はないですし、解約返戻金の金額のせいで返済額が増えることもないです。

 

債務整理をしたら、結婚をする場合に影響があるかもしれないと思っている人がいますが、債務整理をしないで、多額の借金が残っているほうが問題です。債務整理をしたために結婚に影響する欠点として考えられるのは、家を建てたい時、債務整理後、7年の間は住宅ローンが組めない事です。7年以上我慢すればローンが組めるようになるのです。

 

パチンコや競馬などのギャンブルで出来た借金も債務整理はできなくはありません。

 

 

けれども、任意整理や個人再生といった支払総額が減るに留まり返済の義務がなくなるわけではない方法だけです。
自己破産はあらゆる借金をチャラにできる方法ですがギャンブルが元の借金は免責不許可事由に当たりますから、たとえ裁判所に破産を申し立てても免責される見込みは少ないでしょう。
借りたお金は自力で返していくのが筋というものですが、どうにも返済の見込みが立たないときには、状態を改善するために債務整理を行うというのも手です。その債務整理ですが、行う一応の目安は、収入総額によっても違いますが、返済額が手取りの3割以上に相当する状態が妥当な時期のようです。
任意整理の相談が来るのはこの頃に多く、生活が逼迫していなくても危険な状態と言えるでしょう。

 

習慣のように借金をしてしまうタイプで、債務整理を複数回することは可能なのだろうかと悩んでいる人はいませんか。

 

普通は回数に制限はありません。

 

そうは言っても、一回でも債務整理を経験していてもう一度債務整理をしようとすると、もしかすると債務整理の方法によっては承認がハードになるかもしれません。債務整理を軽はずみに行おうとするのは控えるべきでしょう。

 

 

 

自己破産の経験があったり、あるいは任意整理だとか個人再生の経験がある人でも、生命保険や医療保険への加入は自由に行えます。一般に保険というのは加入時に銀行や信販会社のように個人信用情報を確認することはないので、個人再生であれ任意整理であれ、債務整理実績を知られることもないですし、それを理由に加入を断られることはありません。生命保険というものは必要な保険料の払込みさえできていれば、債務整理の影響を受けることはないのです。