MENU

債務整理をすることで車購入のための借り入れが

債務整理をすることで車購入のための借り入れが出来なくなるんじゃないかと不安に思う人も多いですが、実際、そのような事はないのです。

 

 

つかの間、借り入れできない期間が発生するのですが、その期日が過ぎると適切にローンを組めるはずですから、心配することはないのです。返済できる見込みがない借金を整理するための手段が債務整理ですが、残念ながら各種税金に限っては整理する事ができません。

 

自己破産について規定している破産法にも租税請求権は支払いの義務が残る非免責事項の中に含まれています。

 

国民の三大義務でもある納税義務ですから、自己破産をしたところで不可避です。

 

 

ただし、訳を話して役所で場合によっては分納を考慮してもらえる事があります。インターネット上で債務整理の相談を受けている弁護士事務所も最近ではたくさん聞かれます。

 

 

行ける範囲に望ましい事務所がないと悲しみにくれる必要はなく、とにかくネットを経由し自分の事情を知らせてメール相談を持ちかけてみることも考えるべきです。

 

 

手続きも任意整理であれば電話と郵送で済ませることが可能なため、くじけずに道を切り開いていきましょう。原則的に相談は無料でも、司法書士や弁護士を頼んで債務整理を始めるためには、どこの事務所でも着手金が不可欠です。
とくに金額に決まりはありませんので、依頼先によって差はあります。

 

 

それから、裁判所を通じて行う個人再生と自己破産では、最初から成功報酬が確定していることが多いのですが、任意整理となるとその成功報酬は和解内容次第で異なってくるので注意が必要です。過去に債務整理を行っている人が、 その上でもう一度債務整理をすることを考えた時は、一度目の債務整理がどんな方法で行われたかに応じて手続きが変わります。

 

個人再生か自己破産によって債務整理をした人は、その後7年間は再び債務整理を行うことは不可能です。かたや、任意整理だと期間の条件はなしです。大抵は二度目の債務整理というと一度目と比較しても認めてもらうのが難しいですし、二回目の自己破産ならば尚のこと相当な難しさになるでしょう。原則、債務整理は個人個人で行いますので、そのメリットとデメリットが及ぶ範囲も本人だけで配偶者や家族はそれほどでもありません。ただ、その例から漏れるものもあり、専業主婦なら夫が債務整理をすればクレジットカードが停止されることがありえます。

 

 

と言うのは、夫の支払い能力を基にクレジットカードの審査がなされるからです。さらに、家族の中で同じ住所に住んでいてカードを新規に作ろうとしている人がいるならもしかすると審査落ちしてしまうかもしれません。

 

 

自己破産の良いところは責任が免除となれば借金の返済義務から逃れられることです。

 

借金の返済方法に悩んだり、金策に走り回らなくても大丈夫になります。

 

 

特に財産があまりない人にとっては、借金返済の為に手放すハメとなるものがほとんどないので、良いことが多いと思います。

 

自己破産の手続きに入る場合は、預貯金についてはもれなく破産申立書の中で申告しなければいけません。あとは、総額や時価が20万円を超える資産は債権者へ分配(返済)されますが、預貯金はそのままでいられる任意整理などと比べると厳しい措置です。
しかし、そうだからといって資産を隠そうだなんて考えないほうが無難です。素人の考えることなどたかが知れていますし、発覚すると原則として免責が受けられない可能性もあります。

関連ページ

債務整理を一度したことのある人がそれを踏ま
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
債務整理の種類によらず、司法書士や弁護士に頼めば作
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
債務整理ができた後は、携帯料金の分割払いが
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
債務整理をした記録は、ある程度長期間残ります。この
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
その利便性の高さから、つい使い過ぎてしま
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
しばしば誤解されるのですが、弁護士に限らず、認
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。