MENU

債務整理をした記録は、ある程度長期間残ります。この

債務整理をした記録は、ある程度長期間残ります。この情報が消えない間は、借入が不可能になってしまいます。
情報は何年か経てばいずれ消されますが、それまでは見ようと思えば誰でも見られる状態で残されています。

 

例えば親戚や友人の借金の保証人になっているなら、債権者からの取立てを受けたとしても債務者に取立てを行うよう伝えて支払いを拒むことができます。

 

しかしながら、債務者が自己破産や個人再生を行って債務整理をし、一部あるいは全部の支払いを放棄した時は、債権者は保証人に対して残りの返済額分の取立てを始めます。
これに対する拒否権はありませんが、債権者に談判をして分割払いにできなくはありません。

 

債務整理の手続きは、ご自身でもできます。とはいえ、専門的な知識を十分に持っていることが必須です。
また、膨大な数の書類を揃えなければいけませんし、手続きのために時間を取られることが予想されます。これらの問題を考えると、債務整理は弁護士などの専門家に一任した方が成功しやすいと言えるでしょう。専門家はそれを生業としたプロですから、知識も手際の良さも段違いですし、必要な時間も少なくできるはずです。
実際に債務整理を行った場合、借金をどれだけ減らせるかという点は最大のポイントになります。これを知るためには、結局のところ、弁護士などに直接尋ねるのが一番です。
けれども、少しハードルが高いですよね。
このようなケースでは、ネットには無料診断で債務整理の計画を立てられるものも増えていますから、こうしたものを利用して、減額できる目安を知っておくことをおススメします。
生活保護を受けているような人が債務整理を行うことは出来ますが、やはり利用方法については限られてしまうことが多いようです。そもそも弁護士の方も依頼を引き受けない可能性がありますので、実際に利用できるのかどうかを冷静に判断した上で、お願いしてください。期日通りの返済ができないと、翌日には貸主側から連絡がくることと思います。支払う予定日を伝えると、特に期日までは連絡もなく事は済みますが、遅れて支払う約束を反故にしてしまうと、また催促の連絡がきて、やがて訴訟に発展する可能性もあります。失業や病気で支払い能力がないなど、いつまでも返済が不可能なときは、債務整理をすれば取立ては止みますし、手続き中は利息も発生しません。

 

個人再生にはある程度のデメリットが存在します。一番大きいのは高額であるということで、減額した以上に弁護士に払うお金が多いなんて事もあります。

 

また、このやり方は手続き期間が長くなってしまうため、減額適用となるまでにかなりの時間がかかることが多いのです。

 

 

 

ローンを返済中の自動車や住宅などの資産は、ローンの名義人が自己破産ということになると、ローン契約そのものが破棄され、売った代金を返済に充てるために、家や車は手放さなければなりません。
しかし、それ以外の債務整理の場合、そういったローンの契約は継続し、今まで通り支払う必要があります。

 

返済のために売却することはないですし、不安であれば相談することをおすすめします。

関連ページ

債務整理を一度したことのある人がそれを踏ま
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
債務整理の種類によらず、司法書士や弁護士に頼めば作
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
債務整理ができた後は、携帯料金の分割払いが
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
債務整理をすることで車購入のための借り入れが
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
その利便性の高さから、つい使い過ぎてしま
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
しばしば誤解されるのですが、弁護士に限らず、認
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。