MENU

債務整理というこの言葉に初耳

債務整理というこの言葉に初耳の方も多くいると思いますが、自己破産、過払い金請求、任意整理など、借金で辛い思いをしておられる方が、借金を片付ける方法を総じて債務整理と呼んでいます。つまり、債務整理の意味とは借金を整理するやり方の総称と考えることが出来ます。信用情報機関に記録された利用者の事故情報(いわゆるブラックリスト)にはどれくらいの期間債務整理の情報がキープされるのかというと、債務整理をするのにどんな方法を選んだかで変わります。
任意整理、個人再生、特定調整のどれかだったなら完済してから5年前後と言われています。
自己破産であれば免責が裁判所により決定されてから約7年だと思えばいいでしょう。
ですが、目安に過ぎない数字ですから、実際に確認するために信用情報機関の情報開示手続きをすると何より明らかです。
任意整理が終わった後、任意整理の打ち合わせをした業者に借り入れすることは難しくなります。

 

そうなのですが、任意整理を終えた後、様々なところから借りた借金を返しきったら、5?10年も経過すれば、信用情報機関に、書き記された情報が消滅しますので、それから先は借り入れができるようになります。
個人再生に必要な費用というのはお願いした弁護士や司法書士によって変わってきます。お金を持っていないのにそんなの払えないと思っている人でも分割払いも可能なので相談できる事になっています。
困窮している人は相談するべきだとと考えています。

 

個人再生をしても、不認可となるパターンが存在します。

 

 

 

個人再生をするにあたり、返済計画案の提出が必要となりますが、これが裁判所で通らないと認めてもえらないのです。

 

 

もちろんの事ですが、認めてもらえなければ、個人再生は不可能です。
借金を全てゼロにするのが自己破産制度なのです。

 

 

借金で辛い毎日を送っておられる方には有難いものですよね。

 

ただし、メリットだけではございません。

 

もちろん、デメリットもございます。

 

 

車や家など財産は全て手放さなければなりません。そうして、十年間程度はブラックリストのほうに登録される為、新しく借り入れることは、できなくなります。

 

着手金を支払って債務整理の依頼をしたのは良いものの、担当弁護士に対する不信感が拭えず、作業依頼をやめたいと思ったときは、よく契約でいう「解約」の代わりに「解任」の手続きが不可欠です。簡単な手続きですが、うっかり見落として他の司法書士、弁護士といった人たちに依頼すると、債務整理の開始通知を債権者に二重で送りつけることになるので、思いがけないトラブルに発展する可能性があります。以前の弁護士への依頼はかならず解約(解任手続き)した上で、ほかのところに依頼してください。
個人再生にはいくらかの不利な条件があります。

 

 

 

一番は高額であるということで、減額した以上に弁護士へ支払うお金が上回ったという事もあります。

 

 

 

しかも、この方法は手続きの期間が長くなってしまうので、減額が適用されるまでにかなりの時間を費やすことが多くあります。

関連ページ

住宅ローンには審査が付き物ですが
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
債務整理をするにあたっては、もう債権者に全て支
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
一般的に、債務整理をしたら事故歴アリとして信用
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
お金を借りたら自分で返すのが社会通念上の常識とはいえ
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
一人で債務の返済に悩むのは良く
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。