MENU

どのような債務整理であれ、一度でも

どのような債務整理であれ、一度でもすればJICCやCICなどの個人信用情報に記載されるのは間違いありません。

 

ですから新たなローンの申し込みはできなくなりますし、既に所有しているクレジットカード等も使えなくなります。

 

 

何年かはクレジットカードを作るのはまず不可能です。

 

しかし既に契約済みの借り入れは、債務が帳消しになるわけではありませんから、完済に向けて支払いを続けていきます。

 

お金を借りたら自分で返すのが社会通念上の常識とはいえ、努力しても返しきれるあてがない時には状態を改善するために債務整理を行うというのも手です。

 

債務整理をするかしないか考える目安は、毎月の返済が収入の3割以上になった時点がひとつの区切りかもしれません。実際、任意整理はこのあたりで行うのが多いのですが、失業期間が影響しているケースもあります。

 

 

複数の金融機関からの借金や2つ以上のカードローンをしている月々に返済する金額が大きくなって生活の負担になってしまう場合に債務整理で融資をすべてすべてを集めて一本化することで毎月の返済額を相当額引き下げることができるという大きなメリットがあります。

 

債務整理をした場合、ブラックリストに名前を載せられ、その記録が消滅するまでの5年間は、新たにクレジットカードを持つことは困難でしょう。
ですが、5年の間に持つ事が可能な人もいます。そういう人は、借金を全額返済した場合が多いです。信用してもらえれば、クレジットカードを持つことが出来ます。
普通、債務整理を行う場合、弁護士や司法書士に債務整理の手続きをお願いしてください。

 

 

依頼をするとなるとお金が必要になるので、そんな金銭的余裕はないと思っている方も多いようです。ですが、実際のところ、事務所などに支払う料金は、無事に債務整理が完了した後に、支払い方法を選んで払うこともできます。
弁護士に依頼したその時に請求される、というようなことは、まずありえませんから、まずは相談に行くことをおススメします。

 

 

勇気を出して決めた債務整理なのに、どうも頼りにならない弁護士であるがゆえに、作業依頼をやめたいと思ったときは、相手の方から降りない限りは、こちらから解任する必要があります。解任せずにほかの弁護士等と委任契約してしまうと、受任通知の二重送付にもなり、揉める原因にもなります。弁護士との古い契約のほうは解任手続きをとり、それから新しい依頼をするようにしましょう。借金が整理できればいいなと思っていても使用中のクレジットカードが無くなるのが嫌なら、債務整理を任意整理という方法によって行うことでひょっとすると残せるかもしれません。

 

 

任意整理では整理する債権者を好きに選ぶことができるため、持っていたいカード会社はそのままに、それ以外の債権者と任意整理を行う事により、カードを持ち続けられます。

 

 

しかし、任意整理自体が信用情報に傷をつけることになるので、そのせいでカードの更新時に停止されてしまう可能性が濃厚です。

 

 

原則、一個人として債務整理が行われるため、プラスとマイナスの影響も本人に対してだけで配偶者や家族にはそれほど及びません。ですが、実は例外もあり、債務整理をした人の妻が専業主婦の場合、クレジットカードが使えなくなることがあります。と言うのは、夫の支払い能力を基にクレジットカードの審査がなされるからです。

 

 

さらに、新たにカードを作ろうとしている家族がいて、同じ住所に住んでいるならば審査をクリアできないことも考えられます。

関連ページ

住宅ローンには審査が付き物ですが
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
債務整理をするにあたっては、もう債権者に全て支
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
債務整理というこの言葉に初耳
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
債務整理は全て自分自身での手続きができない事もないので
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
一般的に、債務整理をしたら事故歴アリとして信用
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
お金を借りたら自分で返すのが社会通念上の常識とはいえ
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
一人で債務の返済に悩むのは良く
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。