MENU

住宅ローンには審査が付き物ですが

住宅ローンには審査が付き物ですが、これに通りたいなら債務整理をしてからある程度の時間が経っていて、俗にブラックリストと呼ばれる信用情報機関が管理する事故情報から債務整理をしたことがわかる記録が消去されている事が必須の条件です。その期間は債務整理が行われた方法に応じて違いがあり、現時点で消えているかを自分で確認する事ができます。記録がなくなっているなら、もし債務整理をしたことがあるとしても住宅をローンで購入できます。各種ローンを組む際やクレジットカードの審査時に必ず確認されるのが個人信用情報で、債務に関わることですので、延滞状況のほか債務整理の履歴も記録されます。
これがある間はいわゆるブラック状態でローンを新たに組むことは不可能です。
もし自己破産をしたのでしたら免責決定が下りてから起算し、その他の債務整理を行った場合は手続き後に残った債務を完済した時から最低5年位は残ると考えて良いでしょう。
全債務の返済の義務が免除されるというのが自己破産の特徴ですが、これを申請しても免責がなされないことが起こり得ます。
借入金の用途がまずかったりするとそうなってしまいます。一例として、ギャンブルや投資への利用や、身に余るほどの買い物を幾度となくしているようだとそれに該当します。

 

 

 

こうした理由で免責が受けられなかったならば、他の方法で債務整理を検討しましょう。もし、債務整理をしてしまったら、今後の借入ができるかどうかは、重要な問題です。実のところ、法律では特に禁止されていないため、借入が不可能になるということもありません。

 

とはいえ、大手消費者金融や銀行からの借入は相当難しくなります。

 

 

その一方で、中小企業が行っているキャッシングサービスなどでは利用できることもありますから、諦めることはありません。
複数の会社から借金を重ねているという人は、債務整理の前に、複数の借金をおまとめローンで一本化できないか確認してみてください。
借金の額は減らないとはいえ、高額借入として扱われるため、金利を下げることができると思います。借入先がひとつになったことで、ひとつひとつの会社の返済日をチェックするようなことは、しなくてもよくなります。

 

 

おまとめローンもできないとなった段階で、債務整理の手続きを取るのも遅すぎることはありません。弁護士や司法書士に債務整理を引き受けてもらいたいと思っているけれども、代金の用意が厳しそうなのでしたら例えば法テラスの相談対応を受けてみるのはどうでしょうか。

 

 

公的機関である法テラスは、法律上の問題で悩んでいる人をサポートしてくれます。

 

借金に関しての相談は無料で応じてもらえますし、経済的に苦しい人に対して民事法律扶助制度に基づいて、弁護士ないし司法書士への依頼と報酬にかかる費用を一時的に立て替えるという対応もしています。どういった種類であれ債務整理を行えば、信用機関にその情報が記録されます。それにより今後しばらく借金は受け付けてもらえませんし、既に所有しているクレジットカード等も使えなくなります。何年かはクレジットカードを作ろうとしても審査落ちするでしょう。最後に契約済みの債務の扱いについてですが、個人再生と任意整理では債務は保持されていますので、完済に向けて支払いを続けていきます。

 

 

 

自己破産は、特に資産を持っていない人の場合、簡単な手続きで、終えられますが、弁護士にお願いしないと手続きを自分でするのはとても難しいです。

 

 

 

自己破産で、いる費用は平均すると、総額20?80万円ほどと高いですが、このお金は借金でまかなうことができませんので、ちゃんと確保してから相談するべきです。

関連ページ

一般的に、債務整理をしたら事故歴アリとして信用
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
お金を借りたら自分で返すのが社会通念上の常識とはいえ
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。
一人で債務の返済に悩むのは良く
金銭トラブルを相談できる人の探し方を教えます。